うつ病の症状を改善!病院の正しい選び方とは

うつ病の症状が現れたら 心に正しい休息

再発予防も視野に入れる

カウンセリング

どちらの疾患にも対応

神経症や心身症など、うつ病と紛らわしい精神疾患は、より細かく分類されていて、最終的には専門医が見分けることになるため、病院選びは重要視すべきです。多くの精神科医も、神経症との診断の難しさを指摘しているように、患者も医療機関の区別は容易なことではありません。ポイントは、診断が難しい症例を的確に診断できることではなく、その違いに順応性があるのか、医師の診療分野に着眼点をおきます。抑うつ症状は、うつ病にもっともよく見られるものであり、不安症状は神経症によく見られるものですが、ただ、実際には両方が複雑に絡んで区別しにくいことも少なくありません。初期に神経症だと思われていたのが、時間が経つにつれて抑うつ症状が現れて、実はうつ病だと分かるケース、また、その逆のケースもあります。治療法についても、うつ病は休養と抗うつ剤による薬物療法が主で、神経症は精神療法からアプローチし、用いる薬剤は抗不安薬となります。したがって、適切な治療を行うにはハッキリとした区別が不可欠で、専門医による慎重な診察と経過観察が重要とも指摘されています。しかしながら、うつ病の薬物療法にも抗不安薬を併用することがしばしばありますし、外来・入院を問わず支持的精神療法も治療の柱です。病院あるいは医師選びに戸惑う場合、特殊精神療法を使い分けていること、強いていえば、神経症に対する治療法を基準においていれば、順応性が極めて高いと言えます。うつ病には基本的には不適とされますが、神経症的な症状を併せ持ったうつ病に用いることもあり、不快な気分や症状を排除しないで受容することを勧めてくれます。こうした特殊精神療法は、軽症の単極性うつ病、そして、神経症的なうつ病に適しているため、医療機関をたらい回しに合うことも避けられます。また、回復と同時に考えなければならないのは再発予防で、対策を講じるにも病院内の施設が充実していることで防ぐことが期待できます。例えば、社会復帰したものの、消極的休養ではなく、積極的休養のために入院やナイトホスピタルを活用し、規則正しい生活環境を再構築できます。カウンセリングルームを開設する医療機関も増加傾向で、臨床心理士に悩みをじっくり聞いて欲しいとの理由から、カウンセリングを希望することもできます。その他、スポーツ医療も新設されていることからも、ストレスを解消する意味合いもあるトレーニングを指導してもらうなど、うつ病などのストレス病にもかかりにくくなります。音楽鑑賞や創作などのプレイルームを設ける病院も少なくはなく、回復した後も予防の繋がりを持てる病院探しも必要と言えます。

病棟

社会復帰に向けて

うつ病の症状がある程度改善してきたら、職場や学校、地域などへの社会復帰を考え始める時期になります。しかし、焦りは禁物です。回復期は一見状態がいいように感じても対応が不十分だと再発する可能性があるので注意が必要です。

もっと見る

男性

うつと感じた時は即治療を

うつ病の症状が続くと、治るまで時間と費用を要することが多くなります。保険適用でも3割り負担が続くと、かなりの金額になります。そんな時、自立支援医療制度を利用すべきです。各市町村で受付を行っていますの、一度足を運ぶべきです。

もっと見る

カウンセリング

どのような変化があるか

うつ病としての症状は抑うつ気分だけではありません。ほかにも様々な心の状態があらわれますし、心がけでなく身体的な変化もあらわれるのが特徴です。それに周囲が気付いた時には、気持ちや行動の意味を理解することが重要です。

もっと見る

男の人

始まりのサイン

うつ病になると病気を示す症状や変化が心や体にあらわれてきます。どのような変化があらわれ、どうしてそうなるのかなど、本人や家族が異常に気付くためのポイントを知識として頭にいれておくことで、早期発見につながります。

もっと見る