施工会社によって特徴のあるローコスト住宅

拡大する住宅地

住居

北部の人口増加中

茅ヶ崎市は都内への通勤時間は1時間以内ということもあって、ベッドタウンとして発展してきました。茅ヶ崎は温暖な気候なため別荘地としてスタートしたこともあって、駅の南側の土地を中心にして茅ヶ崎に合った特徴的な外観の一軒家が多く建てられてきました。茅ヶ崎で人口が集中しているエリアの旧市街地は駅の南から海岸沿いになりますが、近年では駅の北側の土地を大規模開発を行って、分譲地や大型マンションが販売されるようになってきました。茅ヶ崎は市域の北側を除いて、ほとんどが平坦地のため居住可能地域が広く、住宅地がどんどん広がっています。しかし、茅ヶ崎の海のイメージを求めて移住してくる人が多いけれども、海岸沿いや海が見える土地は販売数自体が少ないため、土地の価格は高めです。この地域の不動産売買は、中古一戸建てまたは新築では限られた土地を効率的に利用した建売住宅が多くなっています。古くからの住宅地が多いため狭い道が多く、主要道に自動車が集中して観光シーズンを中心に大きな渋滞が発生するため、自転車や徒歩で移動する市民が多くなっています。茅ヶ崎で庭付きの一戸建ての建築が多いエリアは駅の北に広がる分譲地です。新しく造成された地域なので、道路も広く、渋滞をすることはほとんどありません。土地の価格も駅から同じ距離の南部と比べると安く、家族連れを中心とした新築の一戸建てや分譲マンションが建設され、年々住宅地が広がっています。