うつ病の症状を改善!病院の正しい選び方とは

ドクター

うつと感じた時は即治療を

男性

早い治療が効果的

人が生きて行く中で、日々いろいろなことが起こります。その様々な出来事に対し、喜んだり、悲しんだり、怒ったり、落ち込んだりすることになります。その悲しんだり、落ち込んだ時などに起こる気分を、憂うつと言う言葉で表現します。ですがこの憂うつな気分も、時間が経つと供に消えて行き、立ち直ることが出来、再度頑張ろうと言う気持ちになるのが、普通の人たちです。しかし、この憂うつな状況がいつまでも改善せずに、落ち込んだままの状態が続く症状をうつ病と称されることになります。この時には、誰も送ることの出来る普段通りの生活が出来なくなっている場合が多くみられます。この病気の症状が出やすいとで考えられる人は、脳からの情報伝達量が減るといった脳機能に異状が見られたり、ストレス体質があります。更には、環境に耐えることが出来ないなど、普通の暮らしで起こることがその要因となっていると言われます。そのため、生真面目な人、几帳面な人、責任感の強い人、人情が深い人、気配りをする人などが、このうつ病を発症しやすくなっています。これら性格を持った人の多くは、ストレスを溜め易く、溜めたことによる過度な症状からうつ病を発症すると考えられます。このストレスが原因でも、環境の変化について行けない場合や対人関係が上手く築くことが出来ない場合に、目立つことになっています。例えば、気に入っている職場からの急な配置転換とか、仲の良い友人が突然亡くなったなどの、環境変化に自分自身の心がついて行けない場合などが、考えられます。うつ病になると、落ち込んだ気持ちのままの状態が続くとか、希望を持つことが出来ない、好きだったことにも興味を持つことが出来ないなどの症状が表れます。身体的症状では、食欲不振にばかりでなく、逆に食欲が急増することもあります。性欲不振になるとか、常に疲労感を持つと言った症状がみられます。このうつ病治療には、精神科へ通うのが一般的な治療方法です。治療に当たっては、保険が効くことになり、3割負担で済みます。そのため、初心料は別として一回の治療費は1000円前後と考えられます。違いが出て来るのは、薬をもらった時で、薬の量によって差額が出て来ることになるでしょう。更に治療費を下げるものとして、自立支援医療があります。この場合は、なんらかの精神疾患があり、通院で治療を続ける人が対象となります。この場合の助成・支援は、世帯収入によってその額が変わって来ることになります。収入額によって、上限額が決められることになり、市町村の窓口へ行き手続きが必要です。